FC2ブログ

Jsut do it!

男心は女によって破壊される

  • 2012-07-05T10:55:47+09:00
  • permalink
  • 2
  • 0



雨が降ったりどんより天気だったり忙しいでおますな
みんな元気?

僕は元気!
無駄に元気!

つかね、「元気?」って言われると「無駄に元気」って答えてしまう自分に最近気付いた

なんだ、無駄に元気って
元気に無駄もクソもあるもんか
元気で何が悪い!
つか僕、何にキレてるの?


そんな訳で休暇を取ってみた
仕事が一段落したから

と言っても何故か土日に仕事が入ってるんだけど
ちょっと待て
僕は本当に会社員か?

なんで平日に休んで土日に仕事すんだよおかしいだろがスケジュール!



そんな心の葛藤をあますところなくボスにぶつけてみた
いつも通りに

すると


ボス
「いいよ、金曜日の夕方に打ち合わせがあるから
それまでにプレゼン資料まとめてきてくれるなら
休んでも」



それって休暇なのか?
単に仕事場が事務所から家に変わっただけじゃないのか?
などという不満は大人の僕は飲み込んで遠慮なく休暇中


というところでおはようございます
ゆーすけです


つかなんで僕は休日にこんな早起きしてるかな
という疑問も大人の僕は飲み込みます

なんでも飲んでやるぜぜこうなったら!

どこかヤケッパチ気味な僕はほっといても元気だからまあいいんだけど




僕が今度やることになる仕事は飲食店に関わる仕事でさ
基本的に僕は昼は食べずにデスクにかじりついてることが多いんだけど
いやデスクを食ってるって意味じゃなくてね


このところはランチにアシスタントの子と外食することが増えてたんだよね


そうするとやっぱり彼女と話をする時間も増える訳で
何故かいきなり相談をされた



アシスタント
「ゆーすけさん…
私、なんだか最近不安感というか…
酷い孤独感が強くて、苦しいんです

これって病気ですかね?」



知りません


どうしたんだ、なんでそんなことを急に言い出すんだ
と思いながらも




「病気って程ひどいの?
でもさ、俺も時々あるよ
なんつーのかな

急に世界でひとりだけになったような気分になるっていうかさ」



アシスタント
「そうそう!
そうなんです!

まるでひとりぼっちになったみたいな気になるんです」




「多かれ少なかれ誰でも経験があるとは思うけどね
何か生活や仕事に支障が出る程なの?」



アシスタント
「そうですね……
夜眠れなくなったり
仕事中もぼんやりしてしまったり」



これは重症だな




「最近何か変わったこととかあった?」



アシスタント
「えーと…
家族関係がうまくいかないとか…
友人と疎遠になることが急に増えたりとか…」




このあたりから何故僕はカウンセラーもどきみたいなことをしているんだろうと思い始めた
病院かカウンセリングでも受けてみたら?と言いそうになったとき



アシスタント
「あと、彼氏と別れました」



それだよね、確実にそれだよね!
それが一番大きなファクターだよね!
しかもそれ、どうにもならない類のやつだよね!



なんとも言いようがないから、ふーんと言いながら食事を続けていると、彼女は急に手榴弾を投げ込んできた



アシスタント
「ゆーすけさんて、失恋したことあります?」


吐くよね、普通に食べてたものが口から吐き出されるよね
ちょっと待ってよねぇ君
僕は君から一体どう思われているんだ?




「そりゃ…
普通はあるだろ」



アシスタント
「ゆーすけさんでもあるんですかあ…
私、てっきりゆーすけさんって
女性に飽きたらあっさり捨てるばっかりかと」



かろうじて手榴弾を避けたと思ったら背後から槍で突き刺された




「ちょっと待てよ、そんなことないって
俺、振られる方が多いと思うよ?
つか捨てるって人聞き悪すぎるし!」



アシスタント
「えー、ほんとですかぁ?!
絶対嘘でしょ?」



しまった
思わず刺された傷跡から出る流血と共に言わなくていいことを言ってしまった




「まあ、別にどう思われてもいいけどさ」



アシスタント
「そんなへこまないでくださいよ
大丈夫です!
誰でも振られることの一度や二度はありますから」



へこんでねーし!へこんでねえから!!

しかも何故僕がなぐさめられてるんだろう
今は僕が失恋した訳じゃなくて失恋したのは確かおまえだったよな?
明らかに逆になってる気がするのは気のせいじゃないだろ?
つーかこいつとんでもない天然か?



アシスタント
「どうして振られるんですか?」



知るか!
こいつ、グレネードランチャーまで持ってやがる!
しかもクリーンヒット!
僕の心は木端微塵になった

誰か!早く僕の心の破片を集めて接着剤でくっつけて!
手遅れになる前に早く!



アシスタント
「振られたら、いつもどうしてます?」




「どういうこと?」



アシスタント
「どうやって傷を癒すのかなぁって」



うん、今僕はバラバラになった心の修復で忙しいからそれどころじゃない
傷の癒し方を教えて貰いたいのは僕の方だ!




「特別なことはしないよ
普段通り生活するかな」



アシスタント
「ゆーすけさんの普段って、ほとんど仕事ですよね?」



…今度は火炎放射器か?



アシスタント
「そうかあ
ゆーすけさんて家にいること少ないですもんね
ほとんど会社にいるし

落ち込んでる暇なんてなさそうですもんね…

はあ…
私もゆーすけさんみたいにスパッと割り切れればいいのに…」




上官!僕にこの女の射殺命令を下さい!
つーかいいよね?
もうこの女やっちゃっていいよね?!



その後食事が終わるまで、彼女は相手の男への未練をたらたらとしゃべり倒して二人でオフィスに戻った




よし。
今日の休日は蛇にピアスのブルーレイ借りてきて吉高由里子ちゃんのおっぱい見て過ごそう
エッチシーン以外は全部すっとばしてそこだけ見てやる!
僕は固く誓った




よ、よせやめろ!
同情なんかいらないんだよ!
同情するのだけはやめてくれ!


それじゃ、良い休日を、俺!




スポンサーサイト



いじめに関する考察

  • 2012-06-22T20:18:42+09:00
  • permalink
  • 0
  • 1

タイトル通り、悲しい、ひどく悲しいことがありました。私は多分……。この『悲しい』という気持ちを、どこかで吐き出さないとこれ以上書けなくなるのではないかと思うので、ここで書くことにしました。書けない、ということは私にとってはとても致命的なことだからです。私は以前にも書いたことがありますが、メインでは別のサイトで書いていました。でもメインで書いていたサイトは、退会せざるを得なくなりました。その理由や私の...
悲しいことがありました。





友人のブログにトラックバック




お久しぶりです
ゆーすけです


長いことブログを書いてなかった上に、書いたと思ったら面白い話でもなくごめん


ずっと忙しかったのもあるんだけど、このところは書こうとしても批判的な記事しか投稿できないと思って自粛してた
けど、友人が勇気を出して書いたのであろう記事を見たら追記をしたくなったからやっぱり書くことにした



実は僕は彼女の記事にある当事者のひとりだ
彼女は、『彼の日記に対して意見をしてくれた友人もいました』と書いているけど、僕の場合は若干ソイツをからかう気持ちがあったのも否定はできない


だって相手がどうしようもない馬鹿なんだもん
理屈で話をしても無駄。
反論できなくなれば、おちゃらけて相手を小馬鹿にするような台詞を吐くので精一杯なくらい脳みその容量だかシワだかが足りないようなヤツだった


前回の記事でも書いたけど、僕は脳みそが腐ったトーフで出来てるようなヤツを見るとつい意地悪く指摘してやりたくなるんだよな


それで、噂を流すような人間も馬鹿ばかりだった
事実確認もしない、友人だったら本人に忠告してやるようなことも影で言うだけ
友人だぜ?どうなってんのよ、おまえらの脳の回路がさ
忠告することさえできないなら黙ってろっつの


だからこのSNSが嫌いだったんだけど


でもそんな僕の感情は置いておいて





ところでさ「いじめ」って好き?

「好き」と言うヤツとは根本的に話が合わないだろうから速やかにお帰りになりやがれ


ちなみに僕は大嫌いだ

小学生のときに少しだけ知的障害を持ってる子がいたんだけど、皆がいじめる中、僕はその子と遊んでたんだよね
僕なりに、だけど

でも僕には基本的にいじめっ子体質があるせいか、ある日学級会で先生が「何かクラス内に問題はありますか?」と言うと、その子が手を上げて


「ゆーすけくんが僕をいじめます」


って言ったんだよね

思わずゲラゲラ笑っちゃったんだけどさ、その子は本当に殴る蹴るのいじめをしているヤツらの名前は出せなかったんだよな
でも「自分はいじめられているんだ」という意思表示がしたかったんじゃないかと今は思う


もちろん、言葉の暴力というものは存在するし、それにより受ける傷ははるかに深いものであるだろう
だからもしかしたら何度かは僕の言葉に彼が傷ついたこともあるのかもしれない

けど、僕は彼のことは友達だと思っていたから、未だに地元に帰れば遊んだりもするし相変わらず彼の言動に笑ったりもする
でもそれは他の仲間にも同じなんだよね

つまりは隔てなく接してるつもりだ
だから、これは僕の中の定義では「いじめ」ではないんだよ
例えそれが僕の勝手な理屈だとしてもね



で、ここからが本題

いじめとは何か、と言えば「自分より立場の弱い者を肉体的・精神的に苦しめること」を言う


だから同じ立場の人間が一対一で言い合うのはいじめとは言わない
だけど、「自分より立場の弱い者」を作ることは意外と簡単なんだよね


例えば、仲間と徒党を組み、一人を攻撃するパターン
ポイントは「みんなで」っていうところだと思う

典型的だよね
これがいじめじゃなかったら何がいじめだよと言えるくらいの「まんま」だ

逆に言えば自分ひとりじゃいじめられないってことだよな
怖いのかな?何が怖いのかな?後でバレて大人に怒られちゃうのが怖いのかな?
怖いならするなよバーカって話だ


でもさ、この「いじめ」
僕には何故だか分からないけど、大人になるとナントカ・ハラスメントとかいう名前がついて「いじめ」と定義されなくなる傾向にあると思う


それは何故なんだろう
「ハラスメント(嫌がらせ)」とつくくらいだから、変な分類なんかせずに「いじめ」って呼んでやれよ、と思う

それくらいでないと「彼氏いるの?あ、これはセクハラのうちじゃないよねえ?ウヒヒ」なんてニヤニヤしながら言う脂ぎったオッサンが、コンパニオンと間違えて新入社員の女子に酌なんかさせるようになるんだからさ


いいか?
反復するけど、いじめの定義は「自分より立場の弱い者を肉体的・精神的に苦しめること」だ
子供にだけ当てはまる言葉じゃないと僕は思う



これは、大人だからとかネット上だから、などという理由で軽視していい問題じゃない

ほとんどの人が、ネットでの書き込みが原因で自殺した中学生がいることも記憶に残ってるだろう


大人だったら死なないとでも思ってるのか?
ネットだったら死んでも関係ないとでも思ってるのか?
匿名なら自分だと分からないから怖くないとでも思ってるのか?


遺される家族のことを考えてみろよ
これだけ遣り切れないことはないだろ


ネット上だから、いじめた相手が分からない
匿名だから誹謗中傷ですら法的には訴えられない
だけど自分の大切な人が死んだとしたらどうすればいい?


なんだよ、この社会構造は
僕は憤りを感じるね



大人なら、節度を持った人間になれよ
見たくないものなら見なきゃいい
関わりたくないなら関わらなきゃいい


学校じゃないんだ、逃げ場なんかいくらでもある
相手に腹が立つのなら、切ればいい

それだけのことだろ?


わざわざ名指しで中傷するほどのことでもないはずだ



世の中いろんな人がいるもんだ

  • 2012-03-13T20:52:50+09:00
  • permalink
  • 4
  • 0



前に比べれば幾分マシになったけど、いやあ、寒い日が続きますなあ

みんな元気?
僕は元気?

あ、いや元気だけど



今日は久しぶりにイラッとくるおっさんに出会った


まず態度が横柄
人を批判するくせに質問には答えない
話しを摩り替える
結局のところ人のせいにする


結構多い人種ではあるんだけどさ、頭がいい振りしてバカなヤツ程こういう話法しか持ってないんだよな
脳みそが腐ったトーフで出来てんじゃねえの?


こういうヤツを見るとつい意地悪く指摘してやりたくなるんだけど、まあ僕に害がないうちは野放しだけどね
つか客だったからそういう訳にもいかないんだけどさ(笑)


大人の対応をさせて頂きましたよ、1時間で済む会議を3時間掛けてね


なだめてすかして承認してもらえばこっちの勝ち!
つー感じでゲームと割り切るとなかなか楽しいもんだ
切り崩し話法もそこそこあるしね





どうも、ゆーすけです



お久しゅうございます



ここのところブログを書いてなかったのは書くことが嫌になった訳ではなく、例によって忙しかっただけなんだけどね。
心配してくれた人がもしいてくれたらありがとう^^


……いねーよ、とか寂しいことはどうか言わないで欲しいな
おにーさん、ちょっと悲しくなるから



最近はね、事務所で仕事をしていることが稀なんだよね
事務所なら徒歩圏内だし、気分で遅く行っても許されるっていうゆるい職場だからいいんだけどさ、今通ってるところはそうも行かず


現在6時過ぎに家を出て日付が変わるか変わらないかくらいに家に着く生活を送ってる

どうにか日曜日には休みを取ってるんだけどね、この前の日曜日は借りてきたDVDを流しっぱなしでリビングで寝てた。
何してんだ僕…


おかげで月曜日はかなりすっきり目覚めたけどね!
睡眠って大事なんだなあと生まれて初めて知ったかのような爽快感!

いや、僕はそこまでバカじゃないから本当は睡眠が大事だってことくらいは知ってるかんな?
知識としては、くらいだけどね(笑)



それにしてもくだらないぐだぐだ日記書いてんな(笑)



そういえば朝の電車に乗ることも久しぶりだったんだよね
するといるなあ、やっぱり


音がイヤホンから盛大に漏れ聞こえる程の大音量で音楽聴いてるヤツ



僕が英語のリスニングを勉強してたときにはやっぱり電車でもNHK講座だの教材だのを聞いてたんだけどね
電車の音って想像以上に発音の微妙なニュアンスを消してくれるんだよな
それにイラついてたし、だから大音量にしたくなる気持ちも分かるんだよ


音楽だって自分の気持ちいい音量で聴きたいよな…





そう思いながら僕はそいつを眺めて









イヤホンを引っこ抜いて言ってみた



















「うるせえよ」











分かんねえ

僕にはさっぱり分からない

何故だ、何故キレるんだ若者よ





あのね、僕が煩いと思うということは、周囲のひとも煩いと思ってる可能性は高いということだ
それは結局、広義においては騒音公害と言えなくもな





「次の駅で降りろよ」


「はい」




僕は下ろされた






NO!騒音公害!!






でも、素直に「すみません」って言う人の方が多いんだけどね(笑)




優しい人




「ゆーすけって優しいよな」



こんな僕でも、人生に何度かくらいはこの言葉を言われたことがある。
男性からも女性からも。


でもね、いつも分からないと思うんだよなあ。



「優しい人」ってなんだよ、一体。





僕の中では、実は「優しい人」というのはいいイメージで存在していない。


誰しも知っていることかとは思うけど、


長所と短所というのはほぼ裏返しのものだ。





優しいということは相手のことを常に考えていて、自分の為か相手の為かは知らないけど、相手が喜びそうな言葉を発したり行動をしたりする人、という印象があるんだよな。
だから「優しい人」という評価が得られるのだろうし。



だからね、僕から見ると、反対の側面から見れば「うまく使われやすい人間」か、「人の目ばかりを気にする優柔不断か臆病な人間」か、「自分の利益の為に相手を転がそうとしている人間」のどれかのイメージだ。


あくまでも僕のイメージだけどね。
ちなみに物の見方が歪んでると言われるのは慣れっこだ。



そして僕は、「うまく使われやすい人間」にはなりたくない、というよりはなるわけにいかない。
僕が誰かにうまく転がされてしまうと、仕事に支障が出る場合もある。
経営にも影響があれば、スタッフを困らせてしまうかもしれない。



僕自身が、瞬時に意思判断をしないといけない場面だってある。
そんなときに優しいだのなんだのとは言ってられない。
多少感情的に非道な部分があろうとも、ビジネスでは必要であり、普通なこともあるしね。




それにさ、そもそも「優しい」って他人からの評価でしょ?
僕の考え方や人格も、全てを考慮しない、僕の言動からのみで勝手に相手が受け取った僕の印象でしょ?
それを「優しい」と言われて、どう受け取ればいいのかが僕には分からない。


やめてくれ。
勝手に「優しい人」だなんて決め付けて、僕に期待しないでくれ。


それでいて、僕が相手にとって都合の悪いことを言えば「思ってた人と違った」なんて言われるのも面倒なんだよ。




こんな風に考える僕はやっぱり歪んでいるのだろう。
自覚はどれだけでもあるけどね。






それより、僕は「気の利く人間」の方がずっと魅力的だと思う。


仕事だけじゃない。
どこにだって存在するバトンみたいなものってあるじゃん。



例えばコンビニでさ、前にその棚を見ていただろう人が商品をバラバラにして置いたとする。
でもそれを見た次の人が、なんでもない顔で元に戻して立ち去るなんてかっこいいじゃないか。
次に来た人は、その直した人のことなんか知らない。
けど、ぐちゃぐちゃな棚を見るより確実に気分が違うはずだ。



例えば伝言を預かってくれたとき、少しでも僕が読みやすいように綺麗な字で書いてくれていたり、メモの最後に労う言葉をつけてくれていたり。


会議の議事録を言われなくても録れるよう準備していてくれてたり、必要な書類をそろえてくれていたり。


そういうことをして貰えると、僕も気分がいい。
「ありがとう」と自然に言葉に出る。


そして彼らが仕事をしやすいように必要な情報を出来るだけ集めて伝えたり、イメージを伝えたりという僕の仕事も自然と丁寧になる。






人のことを思い遣っている振りをして優しいと思われそうな言葉を投げる人間ってさ、結局は自分のことしか見てないような気がするんだよな。


だから、それが相手にうまく届かなかったらイライラする、悲しくなる。
満足したいのは自分だからだ。
それも、「相手が喜ぶ」という前提で。

相手の心を操作しようとしてるってことだと思うんだよな、それって。




どうせ気を使うなら、自分を見るより相手を見た方が得だと思う。
損得の問題じゃないけどさ(笑)



そうだな。
どうせなら僕は、「気の利いた人間」になりたい。

なかなか難しいことだけどね。

よく知りもしないのに、手垢のついた「優しく響く言葉」を言うことよりずっと頭も気も使わないといけないからね。




でもそういうことが自然に出来る人は、やっぱりかっこいいと思うんだよな。



荷物が届いた!

  • 2012-02-22T07:16:52+09:00
  • permalink
  • 6
  • 0



アメリカの友人から、急に荷物が届いた

結構な大きさで、でも重くない

一体何を送りつけてきたんだ?


と思いながら箱を開けてみると






ジャンパー




おお!
ジャンパーだ!!


分かるかな

中にね、ボアが入ってて、かなりあったかそう
しかも色やデザインも好み
ステッチや袖口もなかなかいい感じ

うわ、俺これ好きだわ!




他にも




トレーナー




薄手のトレーナー2枚!
これも好きだな

ちょっと僕にはでかいみたいだけど(苦笑)


でも厚過ぎないトレーナーを重ね着して着るのが好きだからすげえ嬉しい!
色も使いまわし利きそうだしね


ヘビロテで使わせて頂きます!





それにしてもなんでこんなもんが突然贈られて来るんだよ

遅ればせながらのバレンタインか?
いや、俺の記憶ではあいつは男だったはずなんだけど






そう思いながらも、嬉しかったしテンションも上がったから早速友人にメールをすると、アウトレットで買い物をしたからついでに僕のも買ってくれたらしい

それから、


「元気か?変わりないか?」


と言われた






ここのところ、まあ仕事も忙しいんだけどプライベートでも色々あったところだったから、正直ブログどころじゃなかったんだけど

このサプライズと、メールの言葉がなんか染みた
友人ってやっぱりありがたい





仕事もなんとか都合をつけて来週は4連休を取ったし、僕も気分転換にどこかへ出掛けてみよう
IKEAでも行ってお返しになるようなのをなんか見てくるかなあ



プレゼントって、やっぱりいいね
僕も大切な人に何か買ってあげようと思った



過酷な厳しい季節の後には、やっぱり優しい季節が来るんだ



プロフィール

ゆーすけ

Author:ゆーすけ
楽しいことなんて毎日ある訳がない
でも、笑えることを見つけていたいと思う
俺だけが笑ってることも多々あるんだけどね(笑)
逆に俺が笑われている場合もある ……のは納得がいかんなw


※コメントの投稿は、ブログタイトルの右端にある、数字が表示されているボックスをクリックして下さい。

Twitter

BBS

QRコード

QR